女性に必要なのは柔軟な計画

働く女性にとって、キャリアプランを立ててみることはとても良いことです。働く中での昇進や昇給といったキャリアアップの希望や予測を立てることで、そこに向かって行くには何が必要かを考えることができます。
目標を明確に定めることで、働き方も違ってくるかもしれません。結婚しても働き続けるつもりの人は、目標に向かって頑張るのみと思うかもしれませんが、なかなかそうもいかないのではないでしょうか。
結婚や出産を予定に織り込んでプランを立ててみたとしても、妊娠や出産、産後の体調や育児は予測できないことばかりです。そのため、キャリアプランとは必ずしも達成しなければならないものではなく、おおまかな予定と捉えたほうがいいでしょう。
実際に結婚することになった場合は、パートナーと相談しながらキャリアプランの軌道修正を行い、現実に沿ったものにしていくのが良いでしょう。また、妊娠・出産してからの育児休暇や、育児中の時短勤務など、働き方を調整する必要も出てきます。
パートナーと話し合い、子供を何人持ちたいかによっても予定は変わってきます。結婚や育児だけでなく、病気や介護など、予測できない事態が起こる可能性は誰にでもあります。
働く女性がキャリアプランを立て、それに沿って仕事をしていくことは難しいところも多々あります。だからと言ってプランを立てないのは良くないでしょう。柔軟な気持ちで、状況に合わせて細かく計画を立て直しするのがベストと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です